Skip to main content

CBDリキッド【即効性のあるCBD製品】の効果を徹底解説!

CBDリキッドの効果を徹底解説

近年世界的に注目されており、日本でも利用者が急増している大麻から抽出される成分のCBD。

CBDの効果は多岐にわたっており、様々な疾患の改善のみならずストレスの緩和や睡眠改善にも役立ちます。

CBDは大麻成分であるため、違法であるイメージを持っている方も多いかもしれません。
しかし、CBDは日本の法律で規制されておらず、使用したとしても処罰されることはありません。

今回は、そんな注目を浴びているCBDがどんなものなのか、その効果について徹底的に解説していきます。

CBDとは?

cbd

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。
大麻の成分であるカンナビノイドの1つです。

カンナビノイドはCBD以外にも様々な種類があり、その種類は100種類以上といわれています。

現在の研究でもカンナビノイドの全容が明らかになっているわけでないので、世界中でカンナビノイドについての研究が行われています。

CBDはカンナビノイドの中で研究が進んでおり、様々な効果が期待できること、副作用が少ないことで注目されています。

そのため、CBDに関する研究論文が数多く発表されています。

CBDの効果

CBDには様々な効果があるといわれていますが、いったいどのような効果があるのでしょうか。

CBDは医薬品ではないため、薬機法によってその効果を謳うことは禁止されています。
そのため、どんな疾患に効果があるかはお伝えすることはできません。

ただ、研究対象となっている疾患は以下のようなものがあります。

  • 統合失調症
  • てんかん
  • アトピー性皮膚炎
  • うつ病
  • がん
  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • 白内障
  • 糖尿病
  • 認知症
  • 自閉症
  • 多発性硬化症
  • 不安障害
  • 関節炎
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 心的外傷後ストレス障害
  • 睡眠障害
  • ぜんそく
  • 筋委縮性側索硬化症

上記以外の疾患に関しても研究が進められています。

実際にCBDの効果が期待できるという報告もされていますが、CBDは未知の部分が多く、必ずしも効果が期待できるとはいえません。

また、個体差もあるため、人によってはあまり効果がないと感じることもあるかもしれません。

CBDに関する研究がさらに進み、効果があることが証明されるのを期待しましょう。

さらにCBDは健常者が使用しても問題ありません。

CBDを使用すると、「ストレスが緩和された」、「睡眠が改善された」などの効果を感じる方も多いようです。

ストレスがかかる現代社会において、健康的な生活を維持するためにCBDを使用することはメリットがあるといえそうです。

CBDリキッドとは

CBDリキッドとは

CBDリキッドとは、CBDを含んでいるVAPE用のリキッドです。

構成成分としてはCBDの他に、PG(プロピレングリコール)、VG(ベジタブルグリセリン)などで構成されています。

PGやVGは医薬品や化粧品などに使われており、生物への安全性も保証されています。

ただ、CBDリキッドはそのまま使用することはできません。

使用するためには、リキッドを気化させるVAPEと呼ばれる専用のデバイスが必要になります。

CBDリキッドで使われるVAPEとは?

CBDリキッドで使われるVAPEとは?

先ほども述べたように、CBDリキッドを使用するためには専用のデバイスが必要となります。

そのデバイスがVAPEです。

CBDリキッド用のVAPEはペン型や箱型など様々なタイプがあります。

ただ、一つ注意点としてはカートリッジ交換タイプのVAPEを購入しないことです。
カートリッジ交換タイプのVAPEを選んでしまうと、充填されたリキッドしか使用することができません。

様々なCBDリキッドを試したい人は、必ずリキッドを充填して使用するタイプのVAPEを購入するようにしましょう。

また、CBDリキッド専用のVAPEを購入することも重要です。
電子タバコ用のVAPEだと高温になり過ぎてしまうことがあり、高温になってしまうとCBDの有効成分が失われてしまいます。

そのため、必ずCBDリキッド専用のVAPEを購入するようにしてください。
さらに、温度調節機能がついているタイプだとベストです。

なぜなら、CBDリキッドの種類や気温によっても気化できる量が変化するためです。

温度調節ができれば好みの気化量にすることができるので、温度調節機能はついている方がいいでしょう。

CBDリキッドは効果がない?持続する平均時間

CBDリキッドの正しい吸い方を解説

CBDリキッドの効果が持続する平均時間は約1~2時間といわれています。

リキッドでは気化した蒸気を肺に取り込むため、肺の血管からすぐに吸収され、CBDの効果が現れるのが2~3分程度といわれいます。

CBD製品の中では最も即効性に優れています。

ただ、このように即効性がある分、代謝されるのも早くなってしまうのがデメリットです。
CBDリキッドの効果をより持続させたい場合は、高濃度のCBDリキッドを使用するようにしましょう。

リキッドの濃度が高いほど体内に取り込まれるCBD量が増え、CBDの効果を持続させることができます。

とはいっても、CBDリキッドを使用し始めたからといってすぐに効果を感じられるわけではありません。

CBDリキッドの効果を感じるためには継続して使用する必要があり、効果が実感できるまでに1ヶ月程度かかります。

CBDの効果が感じられないとしても、毎日継続的にCBDリキッドを使用すればおのずとCBDの効果を実感できるようになるはずです。

CBDリキッド以外のCBD製品

日本では、様々な種類のCBD製品が販売されています。

CBD製品は摂取方法によって、CBD製品が分けられています。

CBD製品のボピュラーな種類は主に3種類です。

  • CBDオイル
  • CBDグミ
  • CBDクリーム

CBDオイル

CBDオイルとは、CBDをオリーブオイルやココナッツオイル、ヘンプオイルなどに溶かした液体のことです。

摂取する際はスポイトでCBDオイルを吸い上げ、舌の裏側に滴下します。
そして、1~2分ほどそのままにしておき、その後飲み込みます。

ゆっくりと体内に吸収されるため、効果が3~6時間は持続させることができます。

しかし、CBDリキッドのような即効性は期待できません。

CBDグミ

CBDグミは、CBDをグミに配合した食品のことです。

摂取方法としては、普段の食事のようにそのまま食べるだけ。

胃で消化されて、腸で吸収されて効果を発揮します。

摂取して効果が持続する時間は、CBDオイルと同程度の3~6時間です。

CBDグミは手軽に摂取できる分、効果が現れるまでに時間がかかってしまいます。
空腹時で1時間、他の食べ物と一緒ならば3時間かかります。

さらに、肝臓などの代謝系を経て全身にCBDが回るので、CBDが代謝されてしまってCBDの効果を感じづらい場合があります。

CBDクリーム

CBDクリームとは、CBDをオリーブオイルなどの固形の油脂成分に溶かして固めた製品です。

摂取方法としては、バームを手にとって皮膚に塗ることで摂取することができます。

CBDクリームは気になる部位にそのまま塗ることができるので、CBDの効果をダイレクトに与えることができます。

CBDバームは肌に塗るので全身にCBDを行き渡らせるというよりも、局部に作用させることになります。

 

 

CBDの効果を最も感じたいなら、CBDリキッド

様々な種類のCBD製品を紹介しましたが、CBDの効果を感じたいならCBDリキッドがおすすめです。

CBDはTHCのように精神活性作用がないため、CBDを摂取しても明確な効果を感じることは難しいです。

ですが、CBDを摂取することでリラックスしたり、睡眠が改善されることはあります。

やはり、そういった効果を感じたいなら、CBDの吸収率が最も高いCBDリキッドを利用するのがベストです。

CBDリキッドは濃度やメーカーによって異なりますが、価格帯としては8,000~20,000円程度します。

また、CBDリキッドを摂取するには専用の電子タバコが必要となり、すべてを揃えると13,000~25,000円程度かかります。

高額だと感じる人はいるかもしれませんが、容量が多いCBDリキッドであれば1ヶ月間毎日摂取できるので、1日あたり400~500円程度です。

タバコ1箱と変わりません。

そう考えれば、そこまで高額だと感じないのではないでしょうか。

CBDリキッドで生活を改善しよう

今回は、CBDの効果とCBDリキッドについてお伝えしてきました。

CBDはストレス緩和や睡眠改善などが期待でき、ネットなどで簡単に購入することができます。

ストレスや寝つきが悪い時ではCBDリキッドを摂取して、生活の質を上げてくださいね。